発表

一般研究発表(ポスター)
1AM-026

現代青年の動機づけと仕事における評価

[責任発表者] 牧野 幸志:1
1:摂南大学

目 的
 本研究の最終的な目的は,現代青年の仕事への動機づけの規定因,仕事場でのコミュニケーション・スキルと仕事での成果との関連を検討することである。本研究では仕事の規定因の中から個人特性の一般的達成動機を取り上げ,仕事における評価との関連性を検討する。現代青年の中でも大学生を対象とし,一般的な動機づけと仕事における評価との関連性を検討する。仕事における評価は,自己評価と周りからの評価を区別する。まず,現代青年の一般的な動機づけと仕事での評価との関連を調べる。どのような動機づけが仕事での評価と関連しているのかを検討する。次に,各動機づけの高低により,仕事における評価が異なるのかを検討する。どのような動機づけが仕事の成果と関連するかを調べることで,仕事への評価に影響を与える動機づけの要因が明らかになると考えられる。

方 法
調査参加者 調査参加者は大阪府内の大学生133名(男性95名,女性38名,年齢幅18〜22歳,平均年齢 19.56歳)。ただし,欠損値があるため分析により人数が異なる。
調査項目の構成 動機づけに関する項目 承認欲求 日本版承認欲求尺度(植田・吉森, 1990)に「まったくあてはまらない〜非常にあてはまる」で回答(20項目,5段階評定,1因子構造) 達成動機 達成動機尺度(堀野, 1987)に「まったくあてはまらない〜非常にあてはまる」で回答(23項目,5段階評定,3因子構造) 仕事における評価 自己評価 職場での仕事に関する自己評価に「まったくあてはまらない〜非常にあてはまる」で回答(5項目,1因子構造) 周りからの評価 職場での仕事に関する周りからの評価に「まったくあてはまらない〜非常にあてはまる」で回答(5項目,1因子構造)。数値が高いほど,その程度が高いことを示す。

結 果 と 考 察
現代青年の動機づけと仕事における評価との関連
現代青年の一般的な動機づけと仕事場での評価との関連を検討するために相関分析を行った(表1参照)。承認欲求,3つの達成動機(社会的達成,個人的達成,挑戦・成功)と仕事に関する2つの評価との間の相関を求めた。相関分析の結果,個人的達成欲求と仕事に関する自己評価との間に有意な正の相関がみられた。つまり,個人的な目標を持ち努力する動機が高い人ほど,仕事に関する自己評価が高かった。自分の目標を決めて努力する動機が働き,仕事においても成果をあげ,自己評価が高いのであろう。また,個人的達成欲求,挑戦・成功欲求と周りからの評価との間に有意な正の相関がみられた。つまり,個人的な目標を持ち努力する動機や何かに挑戦し成し遂げようとする動機が高い人ほど,職場における仕事に関する周りからの評価が高いことが明らかとなった。自分の目標を持って努力すること,何かに挑戦する気持ちが,仕事に対する動機づけを高め,周りからの評価を高めたと考えられる。他方,人から肯定的な評価を受けたい,あるいは人に悪く評価されるのを避けたいという承認欲求や社会から称賛されたいという社会的達成動機は,仕事での自己評価や周りからの評価とはほとんど関連はみられなかった。

現代青年の動機づけの高低による仕事における評価の差異
現代青年の4つの動機づけの高低(高群,低群)により,仕事に関する評価(自己評価,周りからの評価)が異なるのかを検討するため1要因2水準の分散分析を行った。
 承認欲求と仕事評価 承認欲求の高低により仕事に関する評価が異なるかを検討した。その結果,2つの評価に有意差はみられなかった。承認欲求の高低により,自己評価も周りからの評価も異ならなかった。
社会的達成欲求と仕事評価 社会的達成欲求の高低により仕事に関する評価が異なるかを検討した。その結果,2つの評価に有意差はみられなかった。社会的達成欲求の高低により,自己評価も周りからの評価も異ならなかった。
個人的達成欲求と仕事評価 個人的達成欲求の高低により仕事に関する評価が異なるかを検討した。その結果,自己評価において有意差がみられた(F (1, 131)=8.22, p <.01)。個人的達成欲求が高い人は,低い人と比べて,仕事での自己評価が高かった。つまり,個人的に目標を決めて努力する動機づけの高い人は,仕事での自己評価が高かった。
挑戦・成功欲求と仕事評価 挑戦・成功欲求の高低により仕事に関する評価が異なるかを検討した。その結果,2つの評価に有意差はみられなかった。挑戦・成功欲求の高低により,自己評価も周りからの評価も異ならなかった。
全体として,個人的達成欲求の高い人は仕事における評価が高かった。これは,おそらく個人的な目標を持ち努力する動機が高い人は,仕事に対する動機づけも高く,成果を上げており,仕事において高い評価を得ていると予想される。

詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版