セッション

新規化合物CCL-113はM期とエンドサイクルを誘導する

[演者] 坪坂 歩:1
[著者] 蟻 瑞栄:2, 大野 吉史:1, 陳 偉巍:2, 田 錚:2, 郭 書翰:2, 李 斉森:2, 馬 雪:2, 菅波 晃子:2,3,4, 齋藤 謙悟:5, 田村 裕:3,4, 白澤 浩:2
1:千葉大・医・分子ウイルス学, 2:千葉大院・医・分子ウイルス学, 3:千葉大院・医・生命情報科学, 4:千葉大・分子キラリティ研究センター, 5:トーマスジェファーソン大・腫瘍内科

ケルセチンはHSP72高発現細胞株Hut78においてボリノスタットによるアポトーシス誘導を増強する

[演者] 藤井 一恭:1
[著者] 井戸川 雅史:2, 金蔵 拓郎:1
1:鹿児島大・医・皮膚科, 2:札幌医大・医・フロンティア研・ゲノム

pan-HDAC阻害剤であるpanobinostatのundifferentiated pleomorphic sarcoma(UPS)に対する抗腫瘍効果の検討

[演者] 齋藤 嘉信:1
[著者] 瀬戸口 啓夫:2, 高橋 建吾:1, 小宮 節郎:1
1:鹿児島大院・医・整形外科, 2:鹿児島大院・近未来

ヒストン脱メチル化酵素阻害活性を併せもつ抗がん剤の同定の試み

[演者] 篠田 結以:1
[著者] 佐々木 隆造:1, 水上 民夫:1
1:長浜バイオ大・バイオサイエンス

未分化胃がん細胞に対するナフトピジルの抗腫瘍効果

[演者] 中村 安澄:1,2
[著者] 長屋 寿雄:1, 宮田 剛彰:1, 小山 倫浩:1, 松本 浩彦:1, 後藤 章暢:1
1:兵庫医科大・先端研・細胞・遺伝子治療部門, 2:関西学院大大学院・理工・生命科学専攻

酸化ヌクレオチド加水分解酵素MTH1はがん細胞の生存に必須でない

[演者] 河村 達郎:1
[著者] 川谷 誠:1, 室井 誠:1, 青野 晴美:1, 二村 友史:1, 長田 裕之:1
1:理研 CSRS・ケミカルバイオロジー

詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版