セッション

果たして私たちインターベンションを提供する側にいる医療者は、患者さまの目線で治療に取り組んできたでしょうか。このセッションではまず、カテーテル術に積極的に取り組んでいる施設から、"For the patient" のための一連の取り組みを紹介してもらいます。次に、インターベンションに関わる各職種の立場から、その職種ならではの "For the patient" のための工夫について発表してもらいます。自施設あるいは自職種に水平展開することで "For the patient" の実践につながる機会を提供としたいと考えています。
Spoken in Japanese
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版