セッション

循環器領域における治療は、技術の向上やデバイスの開発により益々高度化しています。そのため、検査・治療に用いられるX線の質と量を根拠に基づき決定することが大切であると考えます。今回は、2015年に出された診断参考レベルの基本的な考え方や、改訂情報など被ばく管理の最前線を知ること、さらに、臨床においてどの様な被ばく低減の工夫や最適化が図られているか、放射線被ばくに関する第一人者の先生方と共にディスカッションしたいと思います。
Spoken in Japanese
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版