セッション

看護管理者は、過速度で変化する医療の動向を察知しながら、患者に安全・安心な医療を提供し、医療・看護を提供する職員にも働きやすい環境を提供するための舵取り役を担っており、発揮する能力は多岐にわたっている。
国立病院機構においては、これからの管理者育成を重視し、看護実践能力向上を目的とした能力開発プログラムを見直し、幹部任用候補者選考研修・幹部看護師管理研修の教育内容に管理者がもつべき能力を強化できるよう取り組んでいる。
管理者育成に必要なものは、管理者自身が自己能力開発の姿勢をもつことであり、このことが医療・看護の質を向上させ、それぞれの組織を強靱にしていくものと考える。
詳細検索