セッション

快適な職場環境を整えることで、生産性を改善し離職率を下げ企業価値の向上につながることは国内外の多くの研究から示されます。医療機関は多種多様なハザードに晒されるハイリスク事業所で、また「感情労働」従事者も多く、特に適切なメンタルヘルス対策の効果が期待されます。
本邦の職場メンタルヘルス対策は一次予防の技術・科学的根拠の蓄積を背景に、三次予防(復職支援)・労働時間対策から近年は職場環境改善、ストレスチェック制度の義務付けなど一次予防へと広がってきています。本シンポではNHOですでに先駆的な対策に取り組んでいる先生方からお話をうかがい、今後望まれる対策について皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
詳細検索