セッション

精神医療は、これまでの収容中心から、地域でどのように生活し支えていくかに転換してきている。そのための施策や、病院や地域での取り組みが進められてきた。制度やシステムにおける制約はあるものの、地域移行は着実に進んできている。今後、さらにこの流れは進んでいくし、進めていかなければならない。今回、その施策を進めてきた立場と、実際に病院や地域で取り組んでいる立場から、より現場に即したお話をいただき、今後に向けてより実際的なディスカッションとなることを期待して、シンポジウムを企画した。今後の精神医療の進む方向性に資するべく、地域移行支援の現状と課題について、より生の声を反映したシンポジウムとしたい。
詳細検索