セッション

近年、我が国における少子化、高齢化の進行は甚だしく、団塊の世代が75歳以上になる2025年に向けて、地域包括ケアシステムを構築することが急務とされている。このシステムの構築において、期待される役割を担うためには、介護予防や地域ケア会議といった場面に参画し、行政、医療、看護との連携を密にすること、地域リハビリテーションに携わる人材を育成することが重要となる。しかし、国立病院機構では未だ積極的に取り組めていないのが現状である。今回のシンポジウムでは先駆的実践施設の例を参考に、それぞれの職種や各施設の実情に応じた効果的な地域づくりの方策について、参加者全員で考えてみたい。
詳細検索