セッション

2025年問題が取り上げられ、地域医療ビジョンの策定や病床機能の報告、新専門医制度への対応などに加え、国民医療費の抑制のため平成28年度の診療報酬改定も大変厳しいものとなった。
また、平成26年度に行われた消費税の増税は、DPC病院のみならずすべての病院などで損税として病院運営を直撃し、経営を圧迫している。
平成30年度に予定されている医療・介護報酬の同時改定では、さらに厳しいものになると危惧されるところである。
このような医療構造の激変の中、病院運営に携わる事務職員に求められるものなどを、多方面から意見を出し合いながら討論したいと思う。
詳細検索