検索結果一覧

New registration

Oral Session

自律神経・神経免疫
Autonomic Nervous System, Neuroimmunology

print

開催日
2010年09月02日(木)
時 間
14:00 - 15:00
会 場
Room 9
Chairperson(s)
仙波 恵美子 / Emiko Senba (和歌山県立医科大学 / Wakayama Medical University)
山下 俊英 / Toshihide Yamashita (大阪大学 / Osaka University)

Back


Th1細胞の移入により脊髄損傷後の神経機能回復が改善される
Implantation of Th1 cells ameliorates recovery after spinal cord injury

演題番号 : O1-9-1-1

石井 宏史 / Hiroshi Ishii:1,2 久保 武一 / Takekazu Kubo:3 山下 俊英 / Toshihide Yamashita:1 

1:大阪大学大学院 医学系研究科  分子神経科学 / Department of Molecular Neuroscience, Graduate School of Medicine, Osaka University, Osaka, Japan 2:千葉大学大学院 医学研究院 神経生物学 / Department of Neurobiology, Graduate School of Medicine, Chiba University, Chiba, Japan 3:大正製薬 / Taisho Pharmaceutical Co., Ltd., Saitama, Japan 

Th1細胞の移入により脊髄損傷後の神経機能回復が改善される<br>Implantation of Th1 cells ameliorates recovery after spinal cord injury
Related Link

ふるえ熱産生を司る中枢遠心路
Central efferent pathways mediating shivering thermogenesis for cold defense and fever

演題番号 : O1-9-1-2

中村 和弘 / Kazuhiro Nakamura:1 Shaun F Morrison:2 

1:京都大・生命キャリパス / Career-Path Unit Life Sci, Kyoto Univ, Kyoto 2:オレゴン健康科学大・霊長類センター / Oregon Nat'l Primate Res Ctr, Oregon Hlth & Sci Univ, USA 

ふるえ熱産生を司る中枢遠心路<br>Central efferent pathways mediating shivering thermogenesis for cold defense and fever
Related Link

心理ストレスによる交感神経活動と唾液中クロモグラニンAの増加
Increased salivary chromogranin A associated with sympathetic nervous activity during psychological stress

演題番号 : O1-9-1-3

田中 靖人 / Yasuto Tanaka:1,2,3 井関 寛 / Hiroshi Iseki:1 小木 美恵子 / Mieko Kogi:1 

1:金沢工業大学 人間情報システム研究所 / Human Information System Laboratories, Kanazawa Institute of Technology 2:三城光学研究所 / Miki Optical Institute, 3:ニューロクリアティブ研究会 / Neurocreative laboratory 

心理ストレスによる交感神経活動と唾液中クロモグラニンAの増加<br>Increased salivary chromogranin A associated with sympathetic nervous activity during psychological stress
Related Link

副腎摘出術はマウス海馬における新環境ストレスに反応する分子機構にあまり影響を与えない
Adrenalectomy induces minimal changes in a molecular system responsive to novelty stress in the hippocampus of mice

演題番号 : O1-9-1-4

車地 曉生 / Akeo Kurumaji:1 海野 真一 / Masakazu Umino:1 西川 徹 / Toru Nishikawa:1 

1:東京医科歯科大学 大学院 精神行動医科学 / Graduate School, Psychiatry and Behavioral Sciences, Tokyo Medical and Dental University 

副腎摘出術はマウス海馬における新環境ストレスに反応する分子機構にあまり影響を与えない<br>Adrenalectomy induces minimal changes in a molecular system responsive to novelty stress in the hippocampus of mice
Related Link