検索結果一覧

New registration

Oral Session

アルツハイマー病・その他の認知症I
Alzheimer's Disease, Other Dementia I

print

開催日
2010年09月02日(木)
時 間
14:00 - 15:00
会 場
Room 6
Chairperson(s)
須原 哲也 / Tetsuya Suhara (放射線医学総合研究所 / National Institute of Radiological Sciences)
田中 稔久 / Toshihisa Tanaka (大阪大学大学院 / Osaka University Graduate School of Medicine)

Back


アミロイドβ蛋白オリゴマーの構造及び毒性相関の解析
Structure-neurotoxicity relationships of amyloid β-protein oligomers

演題番号 : O1-6-1-1

小野 賢二郎 / Kenjiro Ono:1,2 David_B Teplow:2 Margaret Condron:2 山田 正仁 / Masahito Yamada:1 

1:金沢大学附属病院神経内科 / Department of Neurology, Kanazawa University Hospital 2:カリフォルニア大学ロサンジェルス校神経学教室 / Department of Neurology, David Geffen School of Medicine, University of California, Los Angeles, CA, USA 

アミロイドβ蛋白オリゴマーの構造及び毒性相関の解析<br>Structure-neurotoxicity relationships of amyloid β-protein oligomers
Related Link

アネキシンA5はアルツハイマー病のバイオマーカーとなりうる
Annexin A5 is a potential biomarker for Alzheimer disease

演題番号 : O1-6-1-2

相馬 仁 / Hitoshi Sohma:1,2 山口 真美 / Mami Yamaguchi:2 今井 伸一 / Shin-ichi Imai:2 内海 久美子 / Kumiko Utsumi:3 松本 恭一 / Kyoichi Matsumoto:4 誉田 大仁 / Hirohito Honda:5 水江 由佳 / Yuka Mizue:6 門間 正子 / Masako Momma:7 伊藤 陽一 / Yoichi Ito:8 小海 康夫 / Yasuo Kokai:2 

1:札幌医大・医育セ・教育開発研究部門 / Dept Edu Dev, Sapporo Med Univ Cent Med Edu, Sapporo 2:札幌医大・医・分子機能解析部門 / Dept Biomed Engineer, Sapporo Med Univ Sch Med, Sapporo 3:砂川市立病院 精神神経科 / Neuropsychi, Sunagawa City Med Cent, Sunagawa 4:ミクリ免疫研究所(株) / Mikuri Immunolab, Kyoto 5:三洋化成工業(株) / Sanyo Chemical Industries, Ltd., Kyoto 6:札幌IDL / Sapporo ImmunoDiagno Lab, Inc. Sapporo 7:札幌医大・保健医療・看護 / Dept Nursing, Sapporo Med Univ, Sch Health Sci, Sapporo 8:北大・医・北海道臨床開発機構 / Hokkaido Org Transl Res, Hokkaido Univ Grad Sch Med 

アネキシンA5はアルツハイマー病のバイオマーカーとなりうる<br>Annexin A5 is a potential biomarker for Alzheimer disease
Related Link

Aβ42の代替マ-カ-(APL1β28)は孤発性アルツハイマー病患者の脳脊髄液中で臨床的症状発症前から増加する
Levels of the surrogate marker for Aβ42 (i.e., APL1β) in CSF of sporadicAlzheimer disease patients increase before the onset of its clinical symptoms

演題番号 : O1-6-1-3

柳田 寛太 / Kanta Yanagida:1 大河内 正康 / Masayasu Okochi:1 田上 真次 / Shinji Tagami:1 中山 泰亮 / Taisuke Nakayama:1 児玉 高志 / Takashi S. Kodama:1 西冨 晃平 / Kouhei Nishitomi:1 姜 経緯 / Jingwei Jiang:1 森 康治 / Kohji Mori:1 辰已 真一 / Shin-ichi Tatsumi:1 數井 裕光 / Hiroaki Kazui:1 田中 稔久 / Toshihisa Tanaka:1 森原 剛史 / Takashi Morihara:1 橋本 亮太 / Ryota Hashimoto:1 工藤 喬 / Takashi Kudo:1 武田 雅俊 / Masatoshi Takeda:1 

1:大阪大学大学院 医学系研究科 精神医学教室 / Department of Psychiatry, Osaka University Graduate School of Medicine 

Aβ42の代替マ-カ-(APL1β28)は孤発性アルツハイマー病患者の脳脊髄液中で臨床的症状発症前から増加する<br>Levels of the surrogate marker for Aβ42 (i.e., APL1β) in CSF of sporadicAlzheimer disease patients increase before the onset of its clinical symptoms
Related Link

タウオパチー型認知症に対する治療とモニタリング技術の開発
Development of therapies and monitoring against tauopathies with dementia

演題番号 : O1-6-1-4

竹内 啓喜 / Hiroki Takeuchi:1 井上 治久 / Haruhisa Inoue:1 樋口 真人 / Makoto Higuchi:3 月田 香代子 / Kayoko Tsukita:1 Trojanowski John:4 Lee Virginia:4 季 斌 / Bin Ji:3 高橋 良輔 / Ryosuke Takahashi:2 須原 哲也 / Tetsuya Suhara:3 

1:京都大学 iPS細胞研究所 / Center for iPS Cell Research and Application, Kyoto University, Kyoto, Japan 2:京都大学大学院医学研究科 臨床神経学講座 / Department of Neurology, Graduate School of Medicine, Kyoto University, Kyoto, Japan 3:放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター / Molecular Imaging Center, National Institute of radiological Sciences, Chiba, Japan 4:Department of Pathology and Laboratory Medicine, University of Pennsylvania School of Medicine, USA 

タウオパチー型認知症に対する治療とモニタリング技術の開発<br>Development of therapies and monitoring against tauopathies with dementia
Related Link