検索結果一覧

New registration

Poster Sessions

慢性疼痛
Chronic Pain

print

開催日
2010年09月04日(土)
時 間
13:00 - 14:00
会 場
Poster Room 2

Back


NMDA受容体及び神経因性疼痛に対するS-ケタミンの優先的抑制効果
Preferential inhibitory effects of S-ketamine on both NMDA receptor currents and neuropathic pain

演題番号 : P3-o20

河路 広大 / Kodai Kawaji:1,2 林 良憲 / Yoshinori Hayashi:1 古谷野 潔 / Kiyoshi Koyano:2 横山 武志 / Takeshi Yokoyama:3 中西 博 / Hiroshi Nakanishi:1 

1:九州大学歯学研究院 口腔機能分子科学 / Department of Aging Science and Pharmacology, Faculty of Dental Sciences,Kyushu University 2:九州大学歯学研究院 咀嚼機能再建学 / Division of Oral Rehabilitation,Faculty of Dental Sciences,Kyushu University 3:九州大学歯学研究院 歯科麻酔学 / Department of Dental Anesthesiology, Faculty of Dental Sciences, Kyushu University 

NMDA受容体及び神経因性疼痛に対するS-ケタミンの優先的抑制効果<br>Preferential inhibitory effects of S-ketamine on both NMDA receptor currents and neuropathic pain
Related Link

神経障害性疼痛の維持機構におけるSTAT3の役割
The role of STAT3 in the maintenance of neuropathic pain

演題番号 : P3-o22

高露 雄太 / Yuta Kohro:1 津田 誠 / Makoto Tsuda:1 矢野 貴之 / Takayuki Yano:1 辻川 智子 / Tomoko Tsujikawa:1 北野 順子 / Junko Kitano:1 戸崎-齊藤 秀俊 / Hidetoshi Tozaki-Saitoh:1 井上 和秀 / Kazuhide Inoue:1 

1:九州大院・薬・薬理学 / Dept. Mol. Syst. Parmacol., Grad. Sci. Parm. Sci., Kyushu Univ. 

神経障害性疼痛の維持機構におけるSTAT3の役割<br>The role of STAT3 in the maintenance of neuropathic pain
Related Link

反復経頭蓋磁気刺激法による神経因性疼痛治療:モデルマウスでの試み
Effects of repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS) on neuropathic pain of ddY mouse

演題番号 : P3-o24

由比 友顕 / Tomoaki Yuhi:1 笛田 由紀子 / Yukiko Fueta:2 辻 貞俊 / Sadatoshi Tsuji:1 

1:産業医大・医・神経内科 / Dept Neurol, Univ of Occupation Environ Hlth, School of Med 2:産業医大・産業保健・環境マネジメント / Dept Hlth Manage, Univ of Occupation Environ Hlth, School of Hlth Sci 

反復経頭蓋磁気刺激法による神経因性疼痛治療:モデルマウスでの試み<br>Effects of repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS) on neuropathic pain of ddY mouse
Related Link

片頭痛病態モデルラットを用いた疼痛伝達回路の解析
Analysis of nociceptive pathway in a rat model of migraine using small-animal PET

演題番号 : P3-o26

崔 翼龍 / Yilong Cui:1 佐古 健生 / Takeo Sako:1 豊田 浩士 / Hiroshi Toyoda:2 奥山 香里 / Kaori Okuyama:1 尾上 嘉代 / Kayo Onoe:2 林中 恵美 / Emi Hayashinaka:2 和田 康弘 / Yasuhiro Wada:2 渡辺 恭良 / Yasuyoshi Watanabe:2 片岡 洋祐 / Yosky Kataoka:1 

1:理研・分子イメージング科学研究センター・ 細胞機能イメージング研究チーム / Cellular Function Imaging Laboratory, RIKEN Center for Molecular Imaging Science 2:理研・分子イメージング科学研究センター・分子プローブ動態応用研究チーム / Molecular Probe Dynamics Laboratory, RIKEN Center for Molecular Imaging Science 

片頭痛病態モデルラットを用いた疼痛伝達回路の解析<br>Analysis of nociceptive pathway in a rat model of migraine using small-animal PET
Related Link