検索結果一覧

New registration

Poster Sessions

感覚運動系:その他
Sensorimotor System: Others

print

開催日
2010年09月04日(土)
時 間
11:00 - 12:00
会 場
Poster Room 2

Back


嗅周囲皮質に投射するラット前頭皮質錐体細胞の局所・遠隔結合様式
Local and distal connections of neocortical pyramidal cells projecting to the perirhinal regions

演題番号 : P3-j13

平井 康治 / Yasuharu Hirai:1,2 森島 美絵子 / Mieko Morishima:1,2 川口 泰雄 / Yasuo Kawaguchi:1,2 

1:生理学研究所・大脳神経回路論 / Div. Cerebral Circuitry, National Institute for Physiological Sciences, Okazaki 2:総研大・生命科学・生理科学 / Dept. Physiological Sciences, SOKENDAI 

嗅周囲皮質に投射するラット前頭皮質錐体細胞の局所・遠隔結合様式<br>Local and distal connections of neocortical pyramidal cells projecting to the perirhinal regions
Related Link

手の身体モデルが対象物認知に及ぼす影響
Internal model of the human hand affects object recognition

演題番号 : P3-j15

片山 正純 / Masazumi Katayama:1 栗栖 達也 / Tatsuya Kurisu:1 

1:福井大院・工 / Univ of Fukui,Fukui 

手の身体モデルが対象物認知に及ぼす影響<br>Internal model of the human hand affects object recognition
Related Link

尿中および脳内疲労マーカーを用いた肉体疲労および精神疲労の評価
Estimation of Physical and Mental Fatigue using Biomarkers in Urine and Brain

演題番号 : P3-j17

大城 聰 / Satoru Oshiro:1 森岡 勝樹 / Masaki Morioka:2 高山 成伸 / Shigenobu Takayama:3 簗瀬 澄乃 / Sumino Yanase:4 

1:大東文化大学 スポーツ・健康科学部 健康科学科 / Department of Health Science, Faculty of Sports and Health Sciences, Daito Bunka University 2:東京医科歯科大学 難治疾患研究所 生命情報学・システム情報生物学 / Bioinformatics, Medical Research Institute, Tokyo Medical and Dental University, Tokyo, Japan 3:大東文化大学 スポーツ・健康科学研究科 健康科学領域 生体免疫学 / Molecular Medical Immunology, Health Science, Graduate School of Sports and Health Science, Daito Bunka University 4:大東文化大学 スポーツ・健康科学研究科 健康科学領域 分子生命科学 / Molecular Life Science, Health Science, Graduate School of Sports and Health Science Daito Bunka University 

尿中および脳内疲労マーカーを用いた肉体疲労および精神疲労の評価<br>Estimation of Physical and Mental Fatigue using Biomarkers in Urine and Brain
Related Link

意図や外部刺激に基づいて行われる運動が時間の長さの再現に与える影響
The effect of intention-based and stimulus-based action in temporal reproduction

演題番号 : P3-j19

箆伊 智充 / Tomomitsu Herai:1,3 茂木 健一郎 / Ken Mogi:2 

1:東京工業大学 / Tokyo Institute of Technology, Yokohama 2:ソニーコンピュータサイエンス研究所 / Sony Computer Science Laboratories, Tokyo 3:日本学術振興会特別研究員DC / JSPS 

意図や外部刺激に基づいて行われる運動が時間の長さの再現に与える影響<br>The effect of intention-based and stimulus-based action in temporal reproduction
Related Link

大規模解析による線虫温度走性行動の感覚運動統合機構の解明
High-throughput analysis elucidates the complex pattern of sensory-motor integration in thermotactic behavior of C. elegans

演題番号 : P3-j21

中里 研一 / Kenichi Nakazato:1 久原 篤 / Atsushi Kuhara:5 森 郁恵 / Ikue Mori:5 望月 敦史 / Atsushi Mochizuki:1,2,3,4 

1:理化学研究所 望月理論生物学研究室 / Theoretical biology lab, RIKEN 2:基礎生物学研究所 / National Institute for Basic Biology 3:JST さきがけ / JST PRESTO 4:東京工業大学 / Tokyo Institute of Technology 5:名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻 / Department of Molecular Biology, Graduate School of Science, Nagoya University 

大規模解析による線虫温度走性行動の感覚運動統合機構の解明<br>High-throughput analysis elucidates the complex pattern of sensory-motor integration in thermotactic behavior of C. elegans
Related Link