検索結果一覧

New registration

Poster Sessions

その他
Others

print

開催日
2010年09月04日(土)
時 間
13:00 - 14:00
会 場
Poster Room 1

Back


マウス脳におけるBTB/POZ Zincフィンガーファミリー因子Zbtb20遺伝子発現の免疫組織学的解析
Immunohistochemical analysis of Zbtb20 expression, a member of the BTB/POZ zinc finger family, in the mouse brain

演題番号 : P3-e26

松下 夏樹 / Natsuki Matsushita:1,2 松下 佐知 / Sachi Matsushita:1 東山 繁樹 / Shigeki Higashiyama:1,3 

1:愛媛大院・医 / Ehime University Graduate School of Medicine, Toon, Japan 2:愛媛大プロテオ医学研究センター・難治性神経疾患分子制御部門 / Dept Basic and Clinical Neuroscience, Ehime Proteo-Medicine Research Center (ProMRes), Toon, Japan 3:愛媛大プロテオ医学研究センター・細胞増殖腫瘍制御部門 / Dept Cell Growth and Tumor Regulation, ProMRes, Toon, Japan 

マウス脳におけるBTB/POZ Zincフィンガーファミリー因子Zbtb20遺伝子発現の免疫組織学的解析<br>Immunohistochemical analysis of Zbtb20 expression, a member of the BTB/POZ zinc finger family, in the mouse brain
Related Link

Foxg1による大脳皮質ニューロンの分化能制御機構
Foxg1 regulates the onset of projection neuron production in the neocortex

演題番号 : P3-e28

隈元 拓馬 / Takuma Kumamoto:1 Gunadi Gunadi:1 水谷 健一 / Ken-ichi Mizutani:1 花嶋 かりな / Carina Hanashima:1 

1:理化学研究所 CDB 大脳皮質発生研究チーム / Laboratory for Neocortical Development, RIKEN CDB 

Foxg1による大脳皮質ニューロンの分化能制御機構<br>Foxg1 regulates the onset of projection neuron production in the neocortex
Related Link

マウス脳発生におけるLGIサブファミリーのmRNA発現解析
LGI mRNA expression in the developing mouse brain

演題番号 : P3-e30

久保田 真由美 / Mayumi Kubota:1,2 下郡 智美 / Tomomi Shimogori:1 

1:理研BSI・下郡研究ユニット / Shimogori Research Unit, BSI, RIKEN, Wako 2:東京大院・医・脳神経外科学 / Dept Neurosurg, Univ of Tokyo, Tokyo 

マウス脳発生におけるLGIサブファミリーのmRNA発現解析<br>LGI mRNA expression in the developing mouse brain
Related Link

舌内の両側舌下神経支配領域
Two specific tongue areas receiving bilateral hypoglossal innervation

演題番号 : P3-e32

福島 菜奈恵 / Nanae Fukushima:1 横内 久美子 / Kumiko Yokouchi:1 川岸 久太郎 / Kyutaro Kawagishi:1 掛川 晃 / Akira Kakegawa:1 森泉 哲次 / Tetsuji Moriizumi:1 

1:信州大・医・人体構造 / Dept Anat, Shinshu Univ Sch Med, Matsumoto 

舌内の両側舌下神経支配領域<br>Two specific tongue areas receiving bilateral hypoglossal innervation
Related Link

小脳発達過程におけるフォークヘッドドメインを欠いた新規Foxp2アイソフォームの発現の解析
The temporal expression of the novel Foxp2 isoform lacking forkhead domain in the developing Cerebellum

演題番号 : P3-f02

田辺 裕子 / Yuko Tanabe:1,2 藤原 裕士 / Yuji Fujiwara:2 松崎 鮎美 / Ayumi Matsuzaki:2 笠原 忠 / Tadashi Kasahara:2 湯浅 茂樹 / Shigeki Yuasa:3 桃井 隆 / Takashi Momoi:1 藤田 恵理子 / Eriko Fujita:1 

1:国際医療福祉大学 / International University of Health and Welfare 2:慶應義塾大学・薬学部・生化学教室 / Department of Biochemistry, Faculty of Pharmacy, Keio University 3:国立精神・神経センター神経研究所 微細構造 / Department of Ultrastructural Research, National Institute of Neuroscience, National Center of Neurology and Psychiatry 

小脳発達過程におけるフォークヘッドドメインを欠いた新規Foxp2アイソフォームの発現の解析<br>The temporal expression of the novel Foxp2 isoform lacking forkhead domain in the developing Cerebellum
Related Link

Cre-loxPシステムとTol2トランスポゾンを併用したRNA干渉法は、鶏胚を用いた発生学の研究に有用である
Conditional RNA interference using a combination of Cre-loxP system and Tol2 transposition is a useful tool for the developmental studies in the chick

演題番号 : P3-f04

柴田 昌宏 / Masahiro Shibata:1 伊藤 健二朗 / Kenjiro Ito:1 佐藤 昇 / Noboru Sato:1 

1:新潟大学医歯学総合研究科 肉眼解剖学 / Division of Gross Anatomy and Morphogenesis, Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences, Niigata, Japan 

Cre-loxPシステムとTol2トランスポゾンを併用したRNA干渉法は、鶏胚を用いた発生学の研究に有用である<br>Conditional RNA interference using a combination of Cre-loxP system and Tol2 transposition is a useful tool for the developmental studies in the chick
Related Link