検索結果一覧

New registration

Poster Sessions

脱髄性疾患
Demyelinating Disorders

print

開催日
2010年09月02日(木)
時 間
11:00 - 12:00
会 場
Poster Room 2

Back


膜型エストロゲン受容体GPR30を介した再ミエリン化促進作用の解析
G protein-coupled receptor 30 contribute to improve remyelination after cuprizone-induced demyelination

演題番号 : P1-o23

平原 幸恵 / Yukie Hirahara:1 松田 賢一 / Ken-ichi Matsuda:2 高浪 景子 / Keiko Takanami:2 河田 光博 / Mitsuhiro Kawata:2 山田 久夫 / Hisao Yamada:1 

1:関西医科大、解剖学第一講座 / Dept Anatomy and Cell Science, Kansai Medical University, Osaka 2:京都府立医科大学、生体構造科学 / Dept Anatomy and Neurobiology, Kyoto Prefectural University of Medicine, Kyoto 

膜型エストロゲン受容体GPR30を介した再ミエリン化促進作用の解析<br>G protein-coupled receptor 30 contribute to improve remyelination after cuprizone-induced demyelination
Related Link

多発性硬化症における膜型プロスタグランジンE合成酵素(mPGES-1)の修飾作用
Moduratory effect of Microsomal prostaglandin E synthase-1 on multiple sclerosis

演題番号 : P1-o25

竹宮 孝子 / Takako Takemiya:1 竹内 千仙 / Chisen Takeuchi:1,2 松本 陽 / Yoh Matsumoto:3 神山 邦子 / Kuniko Kohyama:3 植松 智 / Satoshi Uematsu:4 審良 静男 / Shizuo Akira:4 山形 要人 / Kanato Yamagata:5 文沢 久美子 / Kumiko Fumisawa:1 

1:東京女子医大・医・総研 / Medical Research Inst., Tokyo Women's Med. Univ. 2:東京女子医大・医・神経内科 / Dept. Neurol., Tokyo Women's Med. Univ. 3:東京都神経研・分子神経病理 / Dept. Mol. Neuropatho., Tokyo Metropo. Inst. Neurosci. 4:大阪大・微研・自然免疫 / Dept. Host Defence, Research Inst., Microbial Dis., Osaka Univ. 5:東京都神経研・神経薬理 / Dept. Pharmacol., Tokyo Metropo. Inst. Neurosci. 

多発性硬化症における膜型プロスタグランジンE合成酵素(mPGES-1)の修飾作用<br>Moduratory effect of Microsomal prostaglandin E synthase-1 on multiple sclerosis
Related Link

浸透圧性脱髄ラットモデルにおける脱髄病変内ミクログリアの遺伝子発現プロファイル
Gene expression profiling of microglia from the demyelinative lesions in osmotic demyelination syndrome rats

演題番号 : P1-o27

椙村 益久 / Yoshihisa Sugimura:1 鈴木 陽之 / Haruyuki Suzuki:1 岩間 信太郎 / Shintaro Iwama:1 鈴木 弘美 / Hiromi Suzuki:2 清田 篤志 / Atsushi Kiyota:1 澤田 誠 / Makoto Sawada:2 大磯 ユタカ / Yutaka Oiso:1 

1:名古屋大学大学院医学系研究科 糖尿病・内分泌内科学 / Dept.of Endocrinology and Diabetes, Nagoya Univ.Grad.Sch.of Med 2:名古屋大学環境医学研究所脳機能分野 / Dept. of Brain Func., Res. Ins. of Env.Med., Nagoya Univ. 

浸透圧性脱髄ラットモデルにおける脱髄病変内ミクログリアの遺伝子発現プロファイル<br>Gene expression profiling of microglia from the demyelinative lesions in osmotic demyelination syndrome rats
Related Link

マウス多発性硬化症モデルにおけるKLK6を介した脱髄分子機序
The regulatory function of Kallikrein 6 in experimental autoimmune encephalomyelitis

演題番号 : P1-p01

板東 良雄 / Yoshio Bando:1 村上 公一 / Koichi Murakami:1 吉田 成孝 / Shigetaka Yoshida:1 

1:旭川医科大学 解剖学講座 機能形態学分野 / Dept. of Anatomy and Neuroscience, Asahikawa Medical College, Asahikawa 

マウス多発性硬化症モデルにおけるKLK6を介した脱髄分子機序<br>The regulatory function of Kallikrein 6 in experimental autoimmune encephalomyelitis
Related Link