検索結果一覧

New registration

Luncheon Seminer

大脳基底核神経回路の可塑性を踏まえたパーキンソン病の治療戦略
Synaptic and network plasticity in the basal ganglia and Parkinson's disease treatment

print

開催日
2010年09月02日(木)
時 間
12:00 - 12:50
会 場
Room 4
Chairperson(s)
伊東 秀文 / Hidefumi Ito (京都大学大学院医学研究科脳病態生理学講座 臨床神経学 / Department of Neurology, Kyoto University Graduate School of Medicine)

Back


大脳基底核神経回路の可塑性を踏まえたパーキンソン病の治療戦略
Synaptic and network plasticity in the basal ganglia and Parkinson's disease treatment

演題番号 : LS2

金子 鋭 / Satoshi Kaneko:1 

1:関西医科大学 神経内科 / Department of Neurology, Kansai Medical University 

大脳基底核神経回路の可塑性を踏まえたパーキンソン病の治療戦略<br>Synaptic and network plasticity in the basal ganglia and Parkinson's disease treatment
Related Link