演題詳細

一般口演

一般口演(31) : 新しい低侵襲手術-1

print

開催日
2010年04月08日(木)
時 間
08:30 - 09:05
会 場
第11会場(2号館 3階 会議室232+233)
司会
西田 俊朗 (大阪警察病院外科)

手術支援ロボットを用いた経直腸的NOTES手術の基礎的検討

演題番号 : OP-031-4

出村 嘉隆:1 石川 紀彦:1 平能 康充:1 高木 剛:1 加藤 寛城:1 木村 圭一:1 山口 聖次郎:1 富田 重之:1 大竹 裕志:1 渡邊 剛:1 

1:金沢大学心肺・総合外科 

 

【目的】我々はda Vinci Surgical System(Intuitive Surgical社,米国)を用いた,経直腸的NOTES手術を考案し,ブタ内臓を用いたモデルにて検討した.【方法】Tuebingen MIC-Trainer内に,ブタ小腸,直腸を装着し,経直腸的NOTES手術モデルとした.切開した直腸前壁から手術ロボットのカメラ,鉗子を挿入し,小腸吻合(側-側吻合)を行い(R),従来のTEMデバイスを用いた吻合(T)と比較した.【結果】吻合時間は35.3±10.8,58.1±5.6分(p<0.01:RT)といずれも手術ロボットが優れ,従来の腹腔鏡手術と遜色ない結果であった.【結語】手術支援ロボットを用いた経直腸的NOTES手術は,吻合能において実現可能であることが示された.

前へ戻る