演題詳細

一般口演

一般口演(31) : 新しい低侵襲手術-1

print

開催日
2010年04月08日(木)
時 間
08:30 - 09:05
会 場
第11会場(2号館 3階 会議室232+233)
司会
西田 俊朗 (大阪警察病院外科)

手術侵襲からみたNOTESの有用性

演題番号 : OP-031-1

鈴木 浩輔:1 赤木 智徳:1 川口 孝二:1 吉住 文孝:1 上田 貴威:1 當寺ヶ盛 学:1 衛藤 剛:1 安田 一弘:1 猪股 雅史:1 野口 剛:1 白石 憲男:1 北野 正剛:1 

1:大分大学第一外科 

 

【目的】新しい低侵襲手技であるNOTESは腹壁を損傷しないため,腹腔鏡手術を上回る低侵襲性が期待されている.そこでブタモデルを用いて経腟的NOTES胆嚢摘出術と腹腔鏡下胆嚢摘出術を行い,呼吸・循環動態や炎症・免疫反応を比較した.【方法】対象は40kgブタモデルで,経腟的NOTES胆嚢摘出術群5頭と腹腔鏡下胆嚢摘出術群5頭.呼吸・循環動態の指標として,術中の血圧・心拍数・酸素飽和度・気道内圧・血液ガス分析を測定した.また炎症・免疫反応の指標として,術前・術直後・術後1時間・術後1・3・7日目に,白血球数・TNF-α・IL-1β・IL-6を測定した.【結果】術後1日目におけるTNF-α値はNOTES群が腹腔鏡群より低値であった(NOTES群vs腹腔鏡群:133.4 vs 200.4pg/ml p>0.05).両群とも術中・術後合併症は認めなかった.【結論】NOTESは腹腔鏡手術に比べて手術侵襲が軽い可能性が示唆された

前へ戻る