演題詳細

一般ビデオ

一般ビデオ(1) : 胆道

print

開催日
2010年04月08日(木)
時 間
08:30 - 09:30
会 場
第2会場(4号館 1階 白鳥ホール北)
司会
山本 順司 (防衛医科大学校外科)

肝門部胆管癌において後区域胆管枝が門脈右枝の尾側を走行する(南回り)例における左側肝切除

演題番号 : VD-001-4

清水 宏明:1 木村 文夫:1 吉留 博之:1 大塚 將之:1 加藤 厚:1 吉富 秀幸:1 古川 勝規:1 竹内 男:1 高屋敷 吏:1 須田 浩介:1 高野 重紹:1 宮崎 勝:1 

1:千葉大学臓器制御外科 

 

肝門部胆管癌を手術するにあったては,肝門部における胆管の分岐形態に加え,胆管と脈管との立体的位置関係を十分に把握することは,合理的かつ根治的手術には必要不可欠である.その際,後区域胆管が右門脈の頭側を回って走行する通常の北回り例では,肝切離面における後区域胆管断端は,右門脈枝の左頭背側に位置し,通常,B6とB7が別々に切離されることはない.その一方,後区域胆管枝が門脈右枝の尾側を走行する南回り例では,良好な視野でより上流側での切除が可能となり,左三区域切除をせずとも拡大左葉切除で治癒切除し得る場合もあり得る.今回は,後区域胆管の走行の術前診断方法とともに肝門部胆管癌で後区域胆管枝が門脈右枝の尾側を走行する南回り症例における肝左葉切除・尾状葉切除,胆管切除例のビデオを供覧する.

前へ戻る