演題詳細

一般ビデオ

一般ビデオ(1) : 胆道

print

開催日
2010年04月08日(木)
時 間
08:30 - 09:30
会 場
第2会場(4号館 1階 白鳥ホール北)
司会
山本 順司 (防衛医科大学校外科)

腹腔鏡下胆嚢摘出術における蛍光胆道造影の胆管描出能の検討

演題番号 : VD-001-1

石沢 武彰:1 原田 庸寛:1 村岡 新:1 伊地知 正賢:1 日下 浩二:1 柴崎 正幸:1 万代 恭嗣:1 國土 典宏:2 

1:社会保険中央総合病院外科 2:東京大学肝胆膵・人工臓器移植外科 

 

【背景】ICG静注による蛍光胆道造影は腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)におけるX線造影の欠点を解決する技術として期待されるが,その胆管描出能は十分に評価されていない.【方法】対象はLC 40例.術前にICG 2.5mgを静注,赤外観察用の硬性鏡(浜松ホトニクス)を用いてCalot三角の剥離前後に胆管の蛍光像を撮影した.蛍光胆道造影の胆管描出能を術前画像診断の胆管像と比較して評価した.【結果】蛍光胆道造影により,Calot三角の剥離前に胆嚢管は全例で,三管合流部は39例で同定された.術前診断されていた副肝管(6例)は全て同定可能であった.胆嚢管の合流形態は正常型(32例),平行型(5例),らせん型(3例)に分類可能であった.2例ではHartmann嚢に結石が嵌頓し胆嚢管が著明に短縮していた.胆管損傷・術後胆汁漏はなかった.【結論】蛍光胆道造影の胆管描出能は良好であり,副肝管や胆嚢管走行異常を有する症例でLC術中の胆管損傷を回避するために有効である.

前へ戻る