演題詳細

特別ビデオセッション

特別ビデオセッション1 : 乳腺・内分泌-1

print

開催日
2010年04月08日(木)
時 間
08:30 - 09:30
会 場
第3会場(4号館 1階 白鳥ホール南)
司会
大内 憲明 (東北大学腫瘍外科)
舟橋 啓臣 (岐阜県立多治見病院)

腹腔鏡下副腎摘出術―標準術式としての術野展開の要点を中心に―

演題番号 : SV-1-1-1

飯原 雅季:1 川真田 明子:1 鈴木 留美:1 吉田 有策:1 坂本 明子:1 堀内 喜代美:1 神森 眞:1 岡本 高宏:1 

1:東京女子医科大学内分泌外科 

 

原発性アルドステロン症,クッシング症候群,褐色細胞腫を始め,副腎良性腫瘍に対する標準手術として腹腔鏡下副腎摘出術が行われるようになった.
安全かつ確実に腹腔鏡下副腎摘除術を行うためには,①副腎に到達するための適切な術野展開②副腎・腫瘍を損傷しない鉗子操作の2点が主要なポイントである.この2点を中心にわれわれが標準術式として用いている経腹膜側方到達法による腹腔鏡下副腎摘除術の要点をビデオで供覧する.
右副腎手術では,肝右葉の三角靭帯を切離し,リトラクターで肝を内方に圧排しながら肝右葉と横隔膜の間を剥離して術野を展開する.左副腎手術では,脾・膵尾部の外側から剥離操作を始めて外側円錐筋膜の背側にあるGerota筋膜を切開し,その直下の層で内方に向かって脾・膵尾部の授動と剥離操作を進めていけば,確実に左副腎前面に到達することができるうえに膵尾部は安全に授動されるので副損傷の危険がない.

前へ戻る