演題詳細

パネルディスカッション

パネルディスカッション(2) : オンコロジストとしての外科医に求められる基礎研究とは何か

print

開催日
2010年04月08日(木)
時 間
08:30 - 11:00
会 場
第10会場(2号館 3階 会議室234)
司会
有井 滋樹 (東京医科歯科大学肝胆膵・総合外科)
森 正樹 (大阪大学消化器外科)

NeedsからSeedsを求めて―センチネルリンパ節転移と同定における問題点の解決を求めて―

演題番号 : PD-2-6

上田 政和:1 平岩 訓彦:1 大山 隆史:1 北川 雄光:1 

1:慶應義塾大学一般・消化器外科学 

 

腫瘍外科医としての基礎研究は,臨床から得られた問題点を解決する手段としての研究で無ければいけないと考えている.われわれの教室では癌の手術選択にセンチネルリンパ節転移を指標として取り入れ,個別化・低侵襲治療をおこなっている.しかし,センチネルリンパ節の同定に関して,放射性物質では法規制や被爆が,色素法では手術時しかだめで体表から同定できないという問題点を抱えている.しかも癌はリンパ行性に転移をする率が高く,しかもセンチネルリンパ節に最初に転移するにもかかわらず,従来の抗癌剤では血行を介してしかdeliveryできないという大きな問題点を抱えていた.そこで,センチネルリンパ節同定をナノサイズの鉄磁性体を用いてMRIなどで同定する方法を開発するとともにリンパ行性に抗癌剤をdelivery可能でセンチネルリンパ節に高濃度の抗癌剤を集積し著明な抗腫瘍効果をしめす剤型を開発したのでその経緯を報告する.

前へ戻る