演題詳細

一般口演

一般口演(292) : 胸腺・縦隔-2

print

開催日
2010年04月10日(土)
時 間
15:58 - 16:26
会 場
第21会場(4号館 3階 会議室432)
司会
高木 啓吾 (東邦大学医療センター大森病院呼吸器センター外科)

ナノテクノロジーを応用したキトサンナノ繊維チューブによる横隔神経再生効果の検討

演題番号 : OP-292-4

松本 勲:1 小田 誠:1 田村 昌也:1 清水 陽介:1 金子 真美:1 渡邊 剛:1 

1:金沢大学心肺・総合外科 

 

【目的】ナノテクノロジーを応用して作成したキトサンナノ繊維チューブ(C-tube)の横隔神経再生効果について検討.【対象と方法】ビーグル犬3頭を使用.右開胸で横隔神経を約1cm切除し,神経の断端をそれぞれC-tubeの両端に縫合.術直後と術後1年に,横隔膜の運動性を透視および胸部Xpで評価.同時に横隔神経を摘出し神経再生や感染を病理学的に評価.【結果】3頭ともに犠牲死まで肺炎や創感染はなく生存.右横隔膜は,術直後には3頭とも挙上し運動性はなかったが,1年後には3頭中2頭で呼吸に合わせ頭尾側に運動するようになった.病理学的には,3頭ともC-tube周囲に肉芽造生を認めるも,膿瘍形成はなし.横隔膜の運動性が戻った犬ではC-tube内で横隔神経が索状物で連結されており,策状物は再生した神経細胞であった.【結語】C-tubeは横隔神経再生において安全に効果をもたらす可能性がある.

前へ戻る