演題詳細

一般口演

一般口演(291) : 胸腺・縦隔-1

print

開催日
2010年04月10日(土)
時 間
15:30 - 15:58
会 場
第21会場(4号館 3階 会議室432)
司会
中島 淳 (東京大学呼吸器外科)

当科における浸潤性胸腺腫手術症例の検討

演題番号 : OP-291-3

八巻 英:1 高坂 貴行:1 茂木 晃:1 桑野 博行:1 

1:群馬大学病態総合外科 

 

【背景】胸腺腫はWHO分類,正岡分類,手術による根治切除が予後因子であるとされる.当科における浸潤性胸腺腫手術例の臨床病理学的因子と再発との相関を検討した.
【対象】1992~2009年に手術を施行した胸腺上皮性腫瘍50例中,正岡I期と胸腺癌を除く22例を対象.
【結果と考察】症例の内訳は正岡II/III/IVa/IVb=14/3/4/1.WHO A/AB/B1/B2/B3=1/3/3/5/10.MG合併12例.術前FDG-PETは9例に施行.手術は腫瘍摘出術1例の他は全例胸腺全摘出術または拡大胸腺全摘出術を施行.合併切除は肺,SVC,右肺全摘+胸膜全摘,左肺全摘,胸壁腫瘍切除が各1例.非根治切除は3例,術後照射は10例に施行.再発症例は4例でII/IVa/IVb=1/2/1,B2/B3=1/3.再発例の検討では非根治切除,正岡IV期で多く,術後照射の有無,MG合併の有無,腫瘍径,術前FDG-PET値は差がなかった.再発後治療は集学的治療が施行され他病死1例を除く3例は生存中である.

前へ戻る