演題詳細

一般口演

一般口演(286) : 周術期管理-12

print

開催日
2010年04月10日(土)
時 間
16:02 - 16:51
会 場
第20会場(4号館 3階 会議室431)
司会
島津 元秀 (東京医科大学八王子医療センター消化器外科)

肝切除患者におけるSivelestat Na投与の術後呼吸機能ならびに肝機能への影響―無作為化比較試験による検討―

演題番号 : OP-286-1

高 済峯:1 金廣 裕道:1 庄 雅之:1 山田 高嗣:1 野見 武男:1 赤堀 宇広:1 山戸 一郎:1 北東 大督:1 童 仁:1 中島 祥介:1 

1:奈良県立医科大学消化器・総合外科 

 

【目的】肝切除患者における好中球エラスターゼ活性剤Sivelestat Naの投与効果について術後呼吸機能障害と肝障害の両面から無作為化比較試験(RCT)により検討.【方法】IRB承認のもと,文書による同意が得られた肝切除患者22名を無作為に,コントロール群(C群,n=11)とSivelestat Naを術後72時間投与したS群(n=11)に割り付け.【結果】肺酸素化能指標のPaO2/FiO2比の術前値はC群473±74,S群468±93と同等,術後1日目にC群において284±83へと急激に低下に対し,S群では357±80で有意に良好(p=0.046).術後3日目もC群302±83に比べS群337±49で良好な傾向.肝機能では,術後1日目のALT値はC群181±101 vs. S群203±140IU/lと差がないが,慢性肝疾患併存例では,C群199±115に対しS群で112±1IU/lと良好な傾向.【結語】Sivelestat Naは肝切除術後の呼吸機能を改善する.肝機能については慢性肝疾患併存例で有効な可能性がある.

前へ戻る