演題詳細

一般口演

一般口演(238) : 肺 基礎-3

print

開催日
2010年04月10日(土)
時 間
16:02 - 16:37
会 場
第13会場(2号館 3階 会議室231)
司会
杉尾 賢二 (国立病院九州がんセンター呼吸器科)

非小細胞肺癌予後因子としてのTRPC3発現の検討

演題番号 : OP-238-3

齋藤 元:1 南谷 佳弘:1 伊藤 学:1 小野 貴史:1 小川 純一:1 

1:秋田大学呼吸器外科 

 

背景:近年細胞増殖・浸潤にion channelも関与する事が報告され,その1つであるtransient receptor potential(TRP)が癌増殖に関与する可能性も検討されているが,未だ明らかでない.今回,新たな肺癌治療の可能性を探索するため,TRPC3に注目し検討を行った.
方法:非小細胞肺癌切除患者142例を対象とした.凍結保存肺癌組織からtotal RNAを抽出しcDNAを合成,定量PCRでTRPC3-mRNA発現量を定量化,臨床病理学的所見と比較検討した.
結果:生存期間とTRPC3-mRNA発現量からROC解析を用いTRPC3カットオフ値を決定した.TRPC3高値群の5年生存率(70.2%)は低値群(45.0%)と比較し優位に高かった(p=0.002).比例ハザードによる多変量解析ではTRPC3低値(リスク比1.95,p=0.017)が独立予後因子であった.
結論:TRPC3-mRNA測定は補助診断として予後不良症例の抽出に有用と考えられた.

前へ戻る