演題詳細

一般口演

一般口演(238) : 肺 基礎-3

print

開催日
2010年04月10日(土)
時 間
16:02 - 16:37
会 場
第13会場(2号館 3階 会議室231)
司会
杉尾 賢二 (国立病院九州がんセンター呼吸器科)

肺腺癌におけるHE4の発現

演題番号 : OP-238-2

徳石 恵太:1 山下 眞一:1 諸鹿 俊彦:1 亀井 美玲:1 末廣 修治:1 小野 潔:1 宮脇 美千代:1 武野 慎祐:1 中城 正夫:1 山本 聡:1 川原 克信:1 

1:大分大学第二外科 

 

背景:Human epididymis 4(HE4)は,Whey Acidic Protein(WAP)domain familyの1つで,癌化や腫瘍の進行に関係していることが示唆され,卵巣癌において高発現しているとされている.肺癌の細胞株においてはHE4のsplice variantの存在も報告されている.今回肺腺癌におけるHE4の発現およびsplice variantについて検索し,臨床病理学的因子との相関を検討した.材料と方法:材料は大分大学第2外科で切除された肺腺癌の組織152例を用いた.新鮮凍結標本からDNAを抽出し,HE4-full length,-V1,-V3についてRT-PCRでその発現を調べた.結果:HE4およびそのvariantと臨床病理学的因子の検討では,-V3が高度に発現しているものがBACおよび腫瘍径30mm未満と有意な相関を認めた.予後因子としては統計学的に有意差を認めなかったが,HE4-V3高発現症例におい予後良好な傾向が認められた.結語:肺腺癌においてHE4-V3の低発現は予後不良因子としての可能性が示唆された.

前へ戻る