演題詳細

一般口演

一般口演(211) : 鏡視下手術・直腸

print

開催日
2010年04月10日(土)
時 間
16:23 - 17:12
会 場
第10会場(2号館 3階 会議室234)
司会
黒柳 洋弥 (癌研有明病院消化器センター外科)

Latero-vesical approachを用いた腹腔鏡下直腸癌手術における側方リンパ節郭清

演題番号 : OP-211-6

河原 秀次郎:1 矢永 勝彦:2 渡辺 一裕:1 牛込 琢郎:1 野秋 朗多:1 小林 進:1 柏木 秀幸:2 大木 隆生:2 

1:東京慈恵会医科大学柏病院外科 2:東京慈恵会医科大学外科 

 

【緒言】恥骨上部の小切開創から側方リンパ節郭清を行ってきたのでその手技を呈示する.
【小切開創からの側方郭清】上方郭清とTMEは鏡視下操作で行い恥骨上部に約7cmの小切開創を造設する.
側方郭清が行いやすい部位にリトラクターを用いて小切開創を牽引する.膀胱外側の後腹膜を切開後,吸引管を用いて脂肪織を吸引しながら膀胱側腔を展開していく.その後郭清範囲を外側に進め内外腸骨動静脈を確認しながら閉鎖腔および内腸骨動脈領域の郭清を行っていく.摂子とクーパーによる郭清で不十分な部位は,吸引法を適宜用いてさらに郭清を進めていく.
【成績】2006年1月から2009年7月までに7例(男4人,女3人)に行ったが,郭清された片側の側方リンパ節個数は10.6個,郭清に要した時間は片側で20分であった.再発例はない.
【考察】腹腔鏡下手術の適応拡大が期待される.

前へ戻る