演題詳細

一般口演

一般口演(210) : 鏡視下手術・大腸-3

print

開催日
2010年04月10日(土)
時 間
15:34 - 16:23
会 場
第10会場(2号館 3階 会議室234)
司会
関本 貢嗣 (大阪大学消化器外科)

早期S状結腸・直腸癌に対する完全鏡視下手術

演題番号 : OP-210-7

遠藤 俊吾:1 田中 淳一:1 日高 英二:1 池原 貴志子:1 堀越 邦康:1 橋本 雅彦:1 石田 文生:1 工藤 進英:1 

1:昭和大学横浜市北部病院消化器センター 

 

【はじめに】S状結腸・直腸癌に対する完全鏡視下手術Complete Laparoscopic Operation for Colorectal cancer(CLOC)を考案したので報告する.
【対象と方法】反転法を用いるため,内蔵脂肪の多くない,内視鏡切除後の追加腸切除例を対象とした.portは右下腹部に12mm,臍上部,右側腹部,左側腹部と左下腹部の4カ所は5mmとした.腹腔内で近位側と遠位側切離予定線までの腸間膜の切離を行う.Anvilを経肛門的に近位側切離予定線の口側まで挿入した後に近位側を縫合切離し,切除腸管を反転して経肛門的に出し,遠位側を切離して標本を摘出する.側端あるいは端々吻合のDSTで再建を行う.
【結果】S状結腸遠位側と直腸の症例に行ったが良好な結果であった.Anvil・吻合器ともに腸管内で動かす範囲が大きいため,25mmの吻合器の使用や反転する腸管が長い場合は反転させる工夫が必要である.
【結語】症例は限定されるが低侵襲な術式と考える.

前へ戻る