演題詳細

一般口演

一般口演(205) : 乳癌治療・他-7

print

開催日
2010年04月10日(土)
時 間
16:30 - 16:58
会 場
第9会場(1号館 3階 会議室133+134)
司会
岩瀬 拓士 (癌研有明病院乳腺センター外科)

乳癌に対するラジオ波熱凝固療法の局所制御効果と問題点

演題番号 : OP-205-4

尾浦 正二:1 玉置 剛司:1 吉増 達也:1 中村 理恵:1 平井 慶充:1 太田 めぐみ:1 宮坂 美和子:1 遠藤 春香:1 岡村 吉隆:1 

1:和歌山県立医科大学第一外科 

 

【目的】乳癌に対するラジオ波熱凝固療法(RFA)の短期治療成績から局所制御効果と問題点を検討.【対象と方法】限局型早期乳癌100例を対象.RFAに使用した機種はLeVeenシステムが6例,Cool-tip RFシステムが94例.全例に術後放射線照射を併用.観察期間は15-69ヶ月(中央値41ヶ月).整容性は,excellent,good,fair,poorで評価.【結果】1.RFAの周術期合併症:皮膚熱傷5例.2.RFAによる熱凝固領域の転帰:硬結非触知10例,硬結触知89例,容量消失1例.3.局所再発:局所再発症例(-).4.遠隔再発:2例に肺転移(+).5.整容性:excellent 82例,good 13例,fair 5例.【結語】RFAによる熱傷は初期の症例が殆どで回避可能な合併症である.またRFAによる局所制御効果および整容性は極めて良好であるが残存硬結への対応が今後の課題である.

前へ戻る