演題詳細

一般口演

一般口演(205) : 乳癌治療・他-7

print

開催日
2010年04月10日(土)
時 間
16:30 - 16:58
会 場
第9会場(1号館 3階 会議室133+134)
司会
岩瀬 拓士 (癌研有明病院乳腺センター外科)

小乳癌に対する非切除凍結療法

演題番号 : OP-205-2

福間 英祐:1 坂本 正明:1 坂本 尚美:1 枡本 法生:1 戸崎 光宏:1 

1:亀田メディカルセンター乳腺センター 

 

われわれはDCIS含め病変範囲が10mm以下の小乳癌に対して,われわれは非切除治療の1つとして凍結療法に着目しVisica system(Sanarus社,USA)による凍結療法を2006年より開始した.腫瘍刺入針先端の温度を-160度から常温までコントロールするシステムで,極低温持続時間を自由にコントロールできる.エコーガイド下に容易に施行でき正確に凍結範囲を確認できること以外に,局所麻酔下に1時間以内で治療が完結する日帰り手術である.開始後3年が経過し,非切除MBC28例で局所再発を認めていない.基本的にUSガイド下に行うがMRガイド下症例も経験した.4症例で切除ないし生検を経験したが,HE染色でもice ball範囲内での腫瘍細胞残存認めない.未だ実験的治療であり,病理学的確認症例が少ないなどの問題点がある.手技上の工夫,乳癌局所療法における今後の展望につき報告する.

前へ戻る