演題詳細

一般口演

一般口演(194) : 鏡視下手術・食道-2

print

開催日
2010年04月10日(土)
時 間
15:37 - 16:12
会 場
第8会場(1号館 3階 会議室131+132)
司会
大杉 治司 (大阪市立大学消化器外科)

T4食道癌に対する胸腔鏡下食道亜全摘術の適応

演題番号 : OP-194-1

大塚 耕司:1 村上 雅彦:1 五藤 哲:1 佐藤 篤:1 山下 剛史:1 和田 友佑:1 加藤 貴史:1 

1:昭和大学一般・消化器外科 

 

目的】切除困難なT4の食道癌に対する外科的治療戦略としてのVATS-Eの適応
対象と方法】T4と診断し,術前化学放射線療法を行いdown stagingが得られVATS-Eを行った27例.結果】切除率100%,胸腔内操作時間216分,胸腔内出血量は150g,平均リンパ節個数は50.7個,抜管は全例手術当日に行った.術後の歩行開始は1.2日,食事開始は5.7日,胸腔ドレーン抜管は5.3日で,通常の食道癌患者と比較して有意差は無かった.切除後組織学的効果ではgrade 3が5例,grade 2が8例,grade 1が13例.予後はgrade 3が他病死2例以外の3例は2338日生存中で術後再発は認められていない.Grade 2の生存は5/8例で平均750日,Grade 1の生存は1/13例で平均356日であった.術後合併症は,縫合不全1/27例,嗄声3/27例,呼吸器合併症1/18例,術死,在院死は0であった.結語】VATS-EはT4症例に対する治療として,術前化学放射線療法との併用により患者のQOLを維持した治療である.

前へ戻る