演題詳細

一般口演

一般口演(187) : 大腸癌肝転移-2

print

開催日
2010年04月10日(土)
時 間
15:31 - 16:20
会 場
第5会場(1号館 4階 レセプションホール東)
司会
池 秀之 (済生会横浜市南部病院外科)

大腸癌肝転移に対する術前化学療法を併用した肝切除の安全性と治療効果

演題番号 : OP-187-3

小林 敦夫:1 田中 邦哉:1 熊本 宜文:1 谷口 浩一:1 高倉 秀樹:1 松山 隆生:1 武田 和永:1 永野 靖彦:2 秋山 浩利:1 遠藤 格:1 

1:横浜市立大学消化器病態外科 2:横浜市立大学市民総合医療センター消化器病センター 

 

[目的]大腸癌肝転移に対する術前化学療法(化療)併用肝切除の安全性と治療効果の検討.[対象]両葉多発(4個以上)肝転移切除100例.[結果]1)化療非施行切除44例,CDDP/5FU/LV肝動注35例(通常動注22例,Circadian chronotherapy(クロノ)動注13例),全身化療(FOLFOX4)とクロノ動注の併用21例.2)脂肪肝は非化療8.1%,通常動注50%,クロノ動注15.4%,全身+クロノ動注14.3%で,通常動注が高率であった(P=0.01).3)平均術中出血量は1444ml,1865ml,1231ml,747mlで全身+クロノ動注で少量であった(対非化療P=0.01).重篤合併症発生率は4.5%,0%,0%,4.8%と差はなく,在院期間は22日,29日,17日,15日と全身+クロノ動注で短期間であった(対非化療P=0.01).[結語]術前化学療法併用肝切除は安全に施行可能であった.

前へ戻る