演題

OP-035-7

NearT4食道癌に対する50Gy以上の根治的化学放射線療法後の積極的Salvage手術治療戦略

[演者] 白石 治:1
[著者] 錦 耕平:1, 岩間 密:1, 牧野 知紀:1, 新海 政幸:1, 今野 元博:1, 今本 治彦:1, 古河 洋:1, 奥野 清隆:1, 塩崎 均:1, 安田 卓司:1
1:近畿大学外科

【目的】NearT4食道癌に対し根治量CRT+積極的Salvage手術でR0切除の向上を目指す【方法】NearT4, M0胸部食道癌42例。根治量CRT(50-60Gy RT+FP2コース)→T4解除例は積極的Salvage手術。<メスの限界に挑む工夫>1. 残す臓器面を意識した剥離・郭清→根治性と臓器損傷回避、2.気管鞘・気管支動脈の温存、3.気管(支)膜様部腫瘍剥離面は胸骨後再建胃管から誘導した大網で被覆・充填、4.UtCeのT4非解除例→Grillo(縦隔気管瘻)手術、大血管は大網や大胸筋皮弁で被覆。【結果】<50-60Gy CRT+積極的切除>平均66歳、CR/PR/SD/PD=4/32/2/4(RR:86%)。非切除11例(希望4例、間質肺炎1例、SD/PD 6例)。Salvage31例(74%)(右開胸28例、胸骨縦切3例、うちGrillo4例)、R0率87%、Grade3:19%、重症肺炎13%、縫合不全6%。2y、5y-OS:49、33%、術後領域内再発10%、遠隔再発26%、晩期肺炎死16%。【結語】NearT4食道癌に対する50-60GyCRT+積極的Salvage戦略は予後改善に有用。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版