演題

OP-010-1

腹腔鏡下幽門側胃切除術施行時、当院におけるデルタ吻合によるBillroth-I法再建の変遷とその評価

[演者] 後藤 裕信:1
[著者] 安田 貴志:1, 押切 太郎:1, 桂 守弘:1, 上田 泰弘:1, 山下 博成:1, 大山 正人:1, 杉山 宏和:1, 長谷川 寛:1, 柿木 啓太郎:1, 大原 忠敬:1, 千堂 宏義:1, 杉本 武巳:1, 藤野 泰宏:1, 富永 正寛:1
1:兵庫県立がんセンター消化器外科

【背景】近年、腹腔鏡下幽門側胃切除術(以下、LDG)施行時、体腔内Billroth-I法再建(デルタ吻合)が行われるようになってきた。デルタ吻合を行う際、共通孔の閉鎖方法を時代変遷とともに変更してきたため、安全性を検討した。【対象・方法】2011年7月~2013年12月に、LDGを施行した103例を対象とした。共通孔閉鎖を手縫い縫合で行った56例、リニアステープラーで行った47例に分け、臨床病理学的因子、術後合併症の発生率を比較した。【結果】両群間で男女比、年齢、BMI、出血量、リンパ節郭清範囲、pStageに有意差は認めず、手術時間はステープラー群が短かった(P<0.01)。術後合併症に関しては、手縫い群は3例(吻合部狭窄、胃排泄遅延、術後出血)、ステープラー群は4例(胃排泄遅延、膵液漏、出血、胆嚢炎)で有意差を認めなかった(P=0.53)。【結語】共通孔の閉鎖は手術時間を考慮すると、リニアステープラーで行うのがより低侵襲な手技であると考える。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版