演題

YIA-4-6

肺血管抵抗上昇を伴う二次性肺高血圧合併心不全症患者に対する左室補助人工心臓治療の検討

[演者] 石田 勝:1
[著者] 戸田 宏一:1, 仲村 輝也:1, 宮川 繁:1, 吉川 泰司:1, 齋藤 俊輔:1, 吉岡 大輔:1, 齋藤 哲也:1, 上野 高義:1, 倉谷 徹:1, 澤 芳樹:1
1:大阪大学心臓血管外科

[目的]重症心不全は肺高血圧(Pulmonary hypertension;PH)を併発し遷延するPHは肺血管抵抗(Pulmonary artery resistance;PVR)上昇をきたす.PVR上昇合併肺高血圧合併心不全患者に対するLVAD治療の肺循環変化や予後の報告は少ない.[対象]LVAD治療実施108名を術前PHで分類1)No PH(mean Pulmonary artery pressure;mPAP<25mmHg,n=40),2)‘Passive’PH(mPAP≧25mmHg,PVR<2.5WU, and Trans-pulmonary pressure gradient;TPG<12mmHg,n=32),3)‘Reactive’PH(mPAP≧25mmHg,PVR≧2.5WU,and/or TPG≧12mmHg,n=36).[結果]予後に差は認めず.LVAD中に肺血圧変化を評価した群(n=32)においてMPAPは改善(Reactive:-14.7±2.5%,p<0.001 Passive;-10.4±2.2,p=0.0002).’Reactive’PHでもPVRは有意に改善 (Pre-LVAD:3.71±0.32 vs On-device:2.04±0.22,p=0.0008) .[結語]LVAD治療はPVRが上昇したPH合併心不全患者でもPVR正常群と同様の予後,肺血圧値の改善が得られた.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版