演題

特別ビデオセッション—メスの限界に挑戦した手術—

集学的治療の時代の食道癌手術

[演者] 日月 裕司:1
[著者] 小柳 和夫:1, 井垣 弘康:1, 仲里 秀次:1
1:国立がん研究センター中央病院食道外科

肺癌、胃癌、大腸癌をはじめ多くの固形癌の治療では、切除が可能であれば外科手術が標準治療であり、RFAやCryosurgeryなどの治療も腫瘍の物理的除去としては外科切除と同様である。化学療法や放射線療法を組み合わせた集学的治療が補助療法として開発されているが、外科手術の適応拡大は切除範囲の物理的・解剖学的拡大への挑戦であった。しかし、食道癌の治療では化学療法や放射線療法の進歩が、切除が可能な食道癌において非切除・非外科手術の治療である化学放射線療法も治癒を目指す治療の選択枝とした。伸展範囲の広い食道癌に対する外科手術の大きな侵襲への患者の不安と、臓器温存を望む期待は、治療選択にパラダイムシフトをもたらしている。そして、外科手術の新たな対象として、化学放射線療法の遺残・再発に対するサルベージ手術が登場した。また、通常手術では切除不能な局所進行食道癌についても、切除範囲の拡大ではなく、化学療法や放射線療法によるダウンステージングとコンバージョン手術を生み出した。これらは食道癌の外科手術に切除範囲の拡大とは異なる新たな挑戦をもたらしている。この集学的治療の時代への変化に対応して、局所治療としての外科手術の役割を再認識する必要がある。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版