演題

Cadaverによる医療技術トレーニングのガイドライン

[演者] 近藤 丘:1
1:東北薬科大学病院,日本外科学会CSTガイドライン委員会

昨今の低侵襲手術の普及は、患者にとっては大きな福音ではあるものの、次世代の外科医の教育と育成という観点では難しい課題を孕んでいるとも言える。また、患者側の権利意識の向上によるものか、昨今は医療を実施する側に対して専門医など一定レベル以上の技量の水準を有することを求める傾向が高まっており、このことは外科医療現場における若手教育という点でもう一つの困難さを生み出しているといえる。このため、今後は、現場での手術トレーニングの不足を補うことが一層求められるようになるであろう。このような方法として、最近はシミュレーターを用いたトレーニング、あるいはブタなど動物を用いたトレーニングが広まっているが、それに加えて、人体の構造を学ぶという点で遺体を用いたトレーニングの需要が高まりつつある。しかしながら、わが国では法的な規制により、いわゆる解剖以外の目的に遺体を使用することはできない。また、わが国における篤志献体という仕組みにおいても、提供いただいた遺体は医学教育のための解剖や解剖学の研究のみにその使用が限定されていた。このような法的規制のもとにおいて、献体制度を崩すことなく、医学教育以外の卒後教育や医療技術のトレーニングにも献体により提供いただいた遺体を利用する道を拓けないか、外科学会が中心となり厚労科研費補助金による研究を行い、一定の規範を順守することで違法性を問われることなく献体の利用を可能としうるという研究報告をまとめた。これをうけ、日本外科学会と日本解剖学会が医学教育における解剖以外に献体を用いるためのガイドラインを2012年にまとめあげ、一般公開にこぎつけた。現状ではこのようなトレーニングを実施できる施設は限られているが、胸部や腹部の外科の他に、頭頸部外科、脳外科、歯科、整形外科など多くの領域でこのようなトレーニングの需要は高く、今後徐々に広がっていくものと思われる。外科学会会員にも広くこのガイドラインを知っていただくことが重要と思われ、本講演でその詳細を紹介する。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版