演題

術後呼吸器合併症対策−気道分泌物と人工呼吸器の管理−

[演者] 松田 直之:1
1:名古屋大学救急集中治療医学

【はじめに】術後呼吸器合併症を軽減させるためには,①活動力(ADL:activities of daily living),②嚥下機能,③炎症活性と持続日数(CRP波形下面積),④逆流性食道炎,⑤気力の術前評価が必要である。肋間筋や横隔膜などの呼吸筋,胸鎖乳突筋などの呼吸補助筋,オトガイ舌筋や舌骨上筋などの嚥下関連筋などについては,術前からの評価が必要である。一方で,術後呼吸管理を病態生理学的観点よりしっかりと考察でき,対応できていると良い。理解して呼吸管理をする指針を定めることが必要である。当施設では,全身性炎症管理バンドル,肺線維症対応バンドル,人工呼吸管理バンドルなどの管理バンドルを作成し,救急・集中治療の専門医教育に役立てている。本セミナーでは,呼吸管理を病態生理学的観点より実践的理論を解説し,何が必要で何が不要かを明確としたセミナーとする。【内容】1. 末梢気道開放バンドル2015:high flow nasalカヌラの有効性やBiPAPをどのようにうまく利用するかを含む,2. BiPAP + ミニトラックⅡの有効な利用方法:デクスメデトミジンとフェンタニールの使い方を含む,3. 酸素投与量をできるだけ下げる工夫:10L/分酸素マスクの有害性,FIO2≦0.3の原則について,線維芽細胞を増殖させないための手法など,4. 酸素化対策としてPEEP(positive endexpiratory pressure)を有効に使う方法:open lungの方法,5. 換気対策としてPIP(peak inspiratory pressure)30 cmH2O以下とする原則,6. 換気においてlow tidal ventilationでCO2を溜めないようにするテクニック,7. SIMVでvolume controlとしてはいけない理由,8. カプノグラム:aEDCO2の管理について,9. 人工呼吸管理中の必須モニタリング3種の神器:Time-Flow曲線,Pressure-Volume曲線,Flow-volume曲線,10. 吸痰タイミングの7箇条:できるだけ酸素濃度を上げずに吸痰をすることが原則であり,回数を最小限にできるとよい。このためには,吸痰には閉鎖式回路を用い,酸素濃度を決して上げることなく,回路雑音や必須モニタリングを有効利用する必要がある。陰圧をかけるタイミングは,サクションを引いてくるときのみである。【結語】呼吸管理は,病態生理と合わせて考えることが必要である。その一端として,上述の10の内容を「呼吸管理のコツとポイント」として整理し,術後呼吸管理のエッセンスとして共有できるようにしたい。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版