演題

PD-17-4

StageⅢの治癒切除胃癌に対する術後補助化学療法としてのS-1+docetaxel併用(DS)療法とS-1単独療法のランダム化比較第Ⅲ相試験

[演者] 市川 度:1
[著者] 小寺 泰弘:2, 吉田 和弘:3, 掛地 吉弘:4, 佐野 武:5, 東風 貢:6, 竹内 正弘:7, 藤井 雅志:8, 中島 聰總:9
1:昭和大学腫瘍内科, 2:名古屋大学消化器外科, 3:岐阜大学腫瘍外科, 4:神戸大学食道胃腸外科, 5:がん研有明病院消化器センター消化器外科, 6:日本大学消化器外科, 7:北里大学薬学部衛生学公衆衛生学, 8:駿河台日本大学病院外科, 9:日本がん臨床試験推進機構

Stage II、IIIの胃癌治癒胃切除後患者に対してはS-1 1年間投与が我が国の標準治療であるが、Stage III症例ではさらなる治療開発が必要である。START試験の再解析において、切除不能例に対するDS療法は生存期間延長が認められた。そこで、Stage III症例を対象に、S-1単剤を対照群としたDS療法の優越性を検証する多施設共同ランダム化比較第Ⅲ相試験JACCRO GC-07(START-2)を計画した。主要評価項目は3年無再発期間で、目標症例数は1100例である。2014年8月末時点で271例が登録され、DS療法群の安全性評価が近日中に予定されている。付随して、S-1術後補助化学療法の予後予測因子および副作用発現の危険因子についての探索的研究JACCRO GC-07 ARも進行中であり、95例が登録されている。両研究のさらなる症例集積の推進が急務である。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版