演題

PD-17-2

胃癌における術後補助化学療法の開発 −最適な補助化学療法とは−

[演者] 藤谷 和正:1
[著者] 田村 茂行:2, 木村 豊:2, 今村 博司:2, 飯島 正平:2, 松山 仁:2, 辻 毅:2, 藤田 淳也:2, 上田 修吾:2, 小林 研二:2, 井上 健太郎:2, 黒川 幸典:2, 下川 敏雄:2, 佐藤 太郎:2, 辻仲 利政:2, 古河 洋:2
1:大阪府立急性期・総合医療センター消化器一般外科, 2:大阪消化器がん化学療法研究会

目的:StageII/III胃癌には術後1年間のS1が標準だがIIIBでは効果不十分。術後補助化療を検討。3つのPII試験:D2,R0切除のIIIA/B胃癌が対象。①S1(80mg/m2,d1-14)+Docetaxel(40mg/m2,d1)/3wx4cycles followed by S1 until 1 year after surgery; 51例で4cycles完遂率80.4%、S1の1年間完遂率66.7% (ACTS-GC 65.8%)。Grade≧3の好中球減少49%,食思不振8%,倦怠感4%,悪心4%。5年OSはIIIA/B 73.7/56.2%(ACTS-GC S1 IIIA/B 67.1/50.2%)。②S1+Doce x8cycles followed by S1 until 1 y; 62例で8cycles完遂率77.4%、S1の1年間完遂率67.7%。Gr≧3の好中球減少52%,食思不振18%,倦怠感10%,悪心2%,下痢2%。③S1(80mg/m2,d1-21)+CPT11(80mg/m2,d1,15)/5wx4cycles followed by S1 until 1 y; 45例で4cycles完遂率62.2%、S-1の1年間完遂率51.1%。Gr≧3の好中球減少13%,食思不振16%,倦怠感11%, 悪心7%,下痢13%。結語:術後S1+Doce/3wx4-8cycles followed by S1 until 1 yは有力。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版