演題

乳頭乳輪の遊離移植を実施したOncoplastic breast surgery

[演者] 喜島 祐子:1
[著者] 吉中 平次:1, 平田 宗嗣:1, 新田 吉陽:1, 江口 裕可:1, 野元 優貴:1, 中条 哲浩:1, 有馬 豪男:1, 夏越 祥次:1
1:鹿児島大学消化器・乳腺甲状腺外科

乳房下垂の有無別に一期的に乳房外組織補填や乳房縮小固定手術を応用したOncoplastic Breast Surgery(OBS)を実施している.罹患部乳腺とともに患側乳頭を合併切除し,患側乳輪・健側乳頭により乳頭乳輪再建を実施したOBSの手技について述べる. 【手技】適応は乳頭位置が乳房下溝線より足側に位置している下垂(+)乳房の乳癌,乳頭を合併切除,乳輪温存可能な病変 (1)患側乳頭は病変部分とともに切除.(2)乳房縮小術に準じた皮膚切開,余剰組織切除.(3)対側乳房の縮小術を実施.(4)新乳房の左右対称部位に各乳輪を遊離移植.(5)健側乳頭を2分割し,各乳房へ新乳頭として遊離移植.【結語】乳頭乳輪の遊離移植手技を導入したOBSは, E領域を含むすべての領域の乳癌手術時に対応が可能で,また罹患側乳頭への癌遺残がないため安全に実施できる手技である.
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版