演題

当科における腹腔鏡下骨盤内臓全摘術の手術手技

[演者] 植田 剛:1
[著者] 小山 文一:2, 中村 信治:1, 錦織 直人:1, 井上 隆:1, 川崎 敬次郎:1, 尾原 伸作:1, 中本 貴透:1, 藤井 久男:2, 中島 祥介:1
1:奈良県立医科大学消化器・総合外科, 2:奈良県立医科大学中央内視鏡・超音波部

当科では局所進行直腸癌において腹腔鏡手術を導入し、良好な視野下による精緻な剥離層の選択と低侵襲性を追求している。術前画像における剥離外縁の設定が重要で、合併すべき構造物と温存する構造物の境界を決めて、剥離する層を明確にした上で手術を行う。臍部・両側腹部・両下腹部の5ポートで開始。上方郭清の後、直腸背側から剥離する。側方剥離の際は側方郭清の手技で外腸骨血管群、大腰筋・恥骨弓・内閉鎖筋を露出する。閉鎖神経を剥離温存し、背側尾側へ剥離を進めて肛門挙筋腱弓を露出する。背側方は内腸骨血管後枝と坐骨神経を温存しながら、膀胱側へと分岐する血管群を切離し尾側へと操作を進める。膀胱側腔を露出して前面へと至り、最後に前壁剥離を行って前立腺を露出する。尿管は最末梢で切離する。尿路系の再建は臍尾側の小開腹創で行う。骨盤内臓全摘は高侵襲手術であるが、腹腔鏡のメリットを生かし手術侵襲の軽減に努めている。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版