演題

高度門脈血栓合併症例に対する再建の工夫

[演者] カーペンター いづみ:1
[著者] 高槻 光寿:1, 日高 匡章:1, 曽山 明彦:1, 木下 綾華:1, 夏田 孔史:1, 釘山 統太:1, 足立 智彦:1, 北里 周:1, 藤田 文彦:1, 金高 賢悟:1, 黒木 保:1, 江口 晋:1
1:長崎大学移植・消化器外科

肝移植の適応となる末期硬変肝患者においては、術前から高度の門脈血栓を合併している場合があり、門脈再建にあたり、再建場所や血流の確保に工夫が必要となる。症例1:門脈には高度石灰化を伴う血栓形成を認めていた。門脈再建には摘出肝より採取した門脈臍部をinterposition graftとして使用し、著明に拡張した左胃静脈−レシピエント門脈臍部グラフト−右葉グラフト門脈での吻合を行った。症例2:CTにて門脈本幹は狭小化し上腸間膜静脈から脾静脈合流部付近に石灰化を伴う血栓を認めていた。レシピエント門脈内血栓を可及的に除去した後、レシピエント門脈−外腸骨静脈グラフト−ドナー門脈での再建とし、良好な血流が得られた。Yerdel分類Grade4の高度門脈血栓を認めていた症例であったが、吻合箇所、各種interposition graftを使用し、両症例とも術後1年以上の現在、良好な経過が得られている。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版