演題

OP-294-2

穿孔を伴う大腸癌の再発様式、再発・生存に対する影響の検討

[演者] 菅原 弘太郎:1
[著者] 河口 義邦:2, 大橋 雄一:1, 大谷 将秀:1, 川崎 圭史:1, 山本 真梨子:1, 須賀 悠介:1, 伊藤 橋司:1, 清水 崇行:1, 山田 直也:1, 朴 景華:1, 市田 晃彦:1, 小池 大助:1, 石田 隆志:1, 赤井 淳:1, 吉田 幸弘:1, 永井 元樹:1, 古屋 隆俊:1, 野村 幸博:1, 田中 信孝:1
1:旭中央病院外科, 2:東京大学肝胆膵・人工臓器移植外科

【背景】穿孔を伴う大腸癌の再発様式、再発・生存への影響を検討した。【方法】2006年2月から2013年11月までに当科で外科的切除を施行したStageII/III大腸癌542例(II:305例、III:237例)を対象とした。【結 果】穿孔群の生存率(P=0.012)、無再発生存率(P<0.001)は非穿孔群に比べ有意に低かった。累積再発率は肝・肺・播種、全ての再発様式で穿孔群において有意に高かった。再発・生存のリスク因子をCox Hazard modelを用いて検討したところ、直腸癌、穿孔、ly2/v2、StageIIIが再発の独立したリスク因子であり、穿孔、リンパ節廓清数12個未満が生存の独立したリスク因子であった。【結論】穿孔を伴う大腸癌症例は独立した再発・生存のリスク因子であった。リンパ節廓清数12個未満は独立した生存におけるリスク因子であり、穿孔例に関してもリンパ節廓清を省略しないことが重要と考えた。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版