演題

OP-285-3

肝細胞癌における悪性度診断の新手法

[演者] 伊藤 浩光:1
[著者] 工藤 篤:1, 水野 裕貴:1, 千代延 記道:1, 佐藤 拓:1, 上田 浩樹:1, 大庭 篤志:1, 大畠 慶映:1, 赤星 径一:1, 勝田 絵里子:1, 中尾 圭介:1, 古山 貴基:1, 松村 聡:1, 藍原 有弘:1, 伴 大輔:1, 入江 工:1, 落合 高徳:1, 田中 真二:1, 田邉 稔:1
1:東京医科歯科大学肝胆膵・総合外科

[背景と目的]超音波による肝細胞癌悪性度評価の報告は稀である。我々は、超音波造影剤の到達時間をcolor mappingで解析するArrival-time Parametric Imaging (以下At-PI)を用いた新手法を考案したので報告する。[方法]2006年1月より2014年3月までに当科で施行された術中超音波画像のうちAt-PIで解析可能な33症例を対象とした。描出された腫瘍を関心領域(ROI)として経時的血流分布からヒストグラムを作成、これを曲線S=1-exp(-t/T)で近似し時定数Tを求め、臨床病理学的因子を解析した。[結果]「再発なし群」「肝内再発群」「遠隔再発群」の3群にわけたT値はそれぞれ1.78±1.0、1.17±0.5、2.64±0.8となり「遠隔再発群」に対してそれぞれp=0.029、p=0.002と有意差を認めた。また、「遠隔再発群」のParametric Imageは腫瘍内部を貫通するような特徴的な血流の分布を認めた。[結論]新手法により肝細胞癌の悪性度を評価することが可能であった。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版