演題

OP-284-4

Non-B Non-C肝癌における代謝関連因子の臨床病理学的検討

[演者] 水野 裕貴:1
[著者] 赤星 径一:1, 松村 聡:1, 劉 博:1, 千代延 記道:1, 上田 浩樹:1, 大畠 慶映:1, 佐藤 拓:1, 大庭 篤志:1, 中尾 圭介:1, 古山 貴基:1, 勝田 絵里子:1, 藍原 有弘:1, 伴 大輔:1, 落合 高徳:1, 入江 工:1, 工藤 篤:1, 田中 真二:1, 田邉 稔:1
1:東京医科歯科大学肝胆膵・総合外科

【目的】Non-B Non-C(NBNC)肝癌は近年増加しており、発癌リスクとして生活習慣病やアルコール多飲などの代謝関連因子の関与が注目されている。【方法】初回肝切除を施行した肝細胞癌602例についてNBNC肝癌とウイルス性肝癌の臨床病理学的特徴について比較検討した。【結果】内訳はB型109例、C型302例、NBNC187例、重複感染は4例であった。NBNC肝癌はC型肝癌に比べて有意に男性に多く、B型肝癌に比べて高齢発症であり、背景肝は硬変肝が少なかった。NBNC肝癌の予後は、B型肝癌・C型肝癌に比べて無再発生存期間、全生存期間とも有意に良好であった。肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症、アルコール多飲等の代謝関連因子の合併率はすべてNBNC肝癌で高かった。また、生活習慣病の4因子の1因子でも合併している割合は、36.7%,65.5%,80.2%とNBNC肝癌で多かった。【結語】当院症例の解析の結果、代謝関連因子がNBNC肝癌の発癌リスクとなる可能性が示唆された。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版