演題

OP-283-8

左肝管は右肝管よりも本当に長いか? ~外科的切除標本、CT画像からの検討~

[演者] 廣瀬 友昭:1
[著者] 伊神 剛:1, 江畑 智希:1, 横山 幸浩:1, 國料 俊男:1, 角田 伸行:1, 菅原 元:1, 深谷 昌秀:1, 上原 圭介:1, 水野 隆史:1, 山口 淳平:1, 安藤 昌彦:2, 古閑 楠人:3, 林 雄一郎:3, 森 健策:3, 梛野 正人:1
1:名古屋大学腫瘍外科, 2:名古屋大学病院 先端医療・臨床研究支援センター, 3:名古屋大学情報科学研究科

【背景】従来、左肝管は右肝管より長いとされ、肝門部胆管癌には右側切除が第一選択とされてきたが、実際に肝管の長さを測定した報告は無い。【方法】1) 切除標本の検討:肝門部胆管癌475例を対象に、生標本写真上で胆管切除長を計測した。2) 放射線学的検討:下部胆管閉塞61例を対象に、CTから構築した3D胆管像上で胆管切除長を計測した。【結果】1)右葉切除(n=167)14.9±5.7mm、右三区域切除(n=37)25.1±6.4mm、左葉切除(n=149)14.1±5.7mm、左三区域切除(n=122)21.3±6.4mm。2)右葉切除22.4±7.1mm、右三区域切除34.1±7.8mm、左葉切除20.8±4.8mm、左三区域切除31.6±5.3mm。どちらの検討でも、左葉切除vs右葉切除で有意差は無く、右三区域切除vs右葉切除、左三区域切除vs左葉切除、左三区域切除vs右葉切除で有意差を認めた。【結語】左肝管は右肝管よりも長いと言うのは偏見であり、Bismuth IV型癌に盲目的に右側肝切除を選択すべきではない。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版