演題

OP-283-6

CT&99mTc-GSAシンチグラフィのfusion像を用いた肝門部胆管癌における術前肝機能評価

[演者] 住吉 辰朗:1
[著者] 志摩 泰生:1, 岡林 雄大:1, 上月 章史:1, 齋坂 雄一:1, 徳丸 哲平:1, 公文 剣斗:1, 伊達 慶一:1, 森川 達也:1, 藤原 聡史:1, 大石 一行:1, 寺石 文則:1, 尾崎 和秀:1, 澁谷 祐一:1, 中村 敏夫:1, 福井 康雄:1, 西岡 豊:1
1:高知医療センター消化器外科

緒言:肝門部胆管癌の手術適応の決定にCT&99mTc-GSAシンチグラフィのfusion像を導入。残肝ICG K 値 (remKICG(V)=ICG K値×残肝体積率、remKICG(F)=ICG K値×残肝機能率)を測定しremKICG(F)≧0.05以上が耐術の目安。さらにKICGの予測値(KGSA)を計算しremKGSA(F)= KGSA×残肝機能率を測定。remKGSA(F)≧0.05であればremKICG(F)<0.05であっても手術適応。対象と方法:肝門部胆管癌症例30例のremKICG(V), remKICG(F), remKGSA(F)を比較検討。結果:25例でremKICG(V)<remKICG(F)。remKICG(V)>remKICG(F)の5例は右葉切除例。うち4例はPTPE未施行例。左葉切除例全例とPTPE施行例19例中18例はremKICG(V)<remKICG(F)。3例でremKICG(F)<0.05だがremKGSA(F)≧0.05となり根治切除施行。死亡例なし。結語:①残肝体積率と機能率に有意な解離を認め機能率が体積率より大きくなる傾向。②remKICG(F)<0.05だがremKGSA(F)≧0.05 となり根治手術施行できた症例を3例経験した。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版