演題

OP-281-2

胆道癌取扱い規約第6版による当科肝門部領域胆管癌手術症例の検討

[演者] 岡田 良:1
[著者] 水間 正道:1, 川口 桂:1, 益田 邦洋:1, 石田 晶玄:1, 薮内 伸一:1, 深瀬 耕二:1, 大塚 英郎:1, 坂田 直昭:1, 岡田 恭穂:1, 中川 圭:2, 林 洋毅:1, 吉田 寛:1, 元井 冬彦:1, 内藤 剛:1, 片寄 友:2, 海野 倫明:1
1:東北大学消化器外科, 2:東北大学統合がん治療外科

<目的>2013年に改訂された胆道癌取扱い規約第6版に従い肝門部領域胆管癌の治療成績を検討し、旧規約からの変更点に関して、規約改訂の妥当性を検証する。<対象>2000年から2013年までの当科肝門部領域胆管癌切除例229例<方法と結果>臨床病理学的因子について検討。①T3,T4a,T4bでは、MSTに統計学的有意差はないが(30.7vs24.2vs26.9,p=0.890)、T4aでは短い傾向で、一因にR0率の低下があった(p=0.0031)。T4aの56.8%がpHM(+)であった。②N因子でMSTを検討すると、有意差があった(N0;67.1vsN1;22.8,p<0.001)。③肝転移、腹膜播種と比較して、遠隔リンパ節転移でMSTが長い傾向であった。(16.89vs6.92vs5.51,p=0.1842)<考察>T4aでは、広範囲胆管進展によってR1/2となり易く、術式決定に注意が必要。生存期間の観点から、領域リンパ節の導入は妥当で、遠隔リンパ節転移のみによって非切除と判断することは、controversialと考えられた。
詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版